しますえよしおプロフィール紹介

プロフィール
蟻ん子ホームへ>しますえよしお

しますえよしおのプロフィール

学生時代 宇井あきら氏(「今日でお別れ」作曲者)に師事。

「銀巴里」を中心に歌い始め、NHK・民放等のオーディションに合格。CD、レコード、テープの他、ラジオ番組テーマ曲、テレビCM等も吹き込んでいる。又、「砂の器」の作曲者、菅野光亮氏より長年にわたり指導を受ける。

全国各地で数多くのコンサートを開催、 労音、音響、つくば国際音楽祭、 山形交響楽団(村川千秋指揮)、ホテルのディナーショー等に出演。

フランス公演では、リーヌ・ルノーとの コンサートに参加し、大成功を収め、当時パリ市長だったフランス大統領 シラク氏からパリ市庁舎に招待され 激励された。

84年ディナーショーには三笠宮寛仁親王殿下御夫妻もお越し下さった。

東京四谷二丁目にシャンソンライブハウス「蟻ん子」をオープンし活躍中。

プロフィール写真

しますえよしおの歌

フランスの音楽シャンソンが、しますえ・よしおのレパートリーの殆どをしめている。
シャンソンは詩の内容もメロディも時の流れと共に変化し続けてはいるもののいつの時代にも
それは庶民の間から生まれた音楽であり、人々により歌い継がれてきたものである。

その内容は社会を風刺したものもあれば、人生や愛を語ったもの、又人々の苦悩や喜びを
歌ったものと多種多様である。

しますえ・よしおのステージは、こうした曲の他にも、シャンソンとしておなじみの曲もおりまぜながら決しておしつけがましくならず、しかも適確に自分の主張を聴く人に訴えてくる。

それは単なるフランスのシャンソンの受け売りではなく、一旦しますえ・よしおの中で消化し、
自分自身の歌として美しい日本語の響きと言葉を、大切にしながら甘くソフトにしかも基本に
忠実な唱法で語りかけてくるのである。

定期コンサート

毎年全国各地でコンサートが行われています。

  • 1981年~2001年   「しますえ・よしおコンサート」 (田川勤労青少年ホール)
  • 1982年~毎年開催 「しますえ・よしおチャリティーコンサート」≪つくばすすきの会≫ (つくばノバホール)
  • 1990年~毎年開催 「しますえ・よしおチャリティーコンサート」≪音楽のはこびや≫ (勝田台文化センター)
  • 1994年~毎年開催 「ヒューマンふれあいコンサート」≪経糸の会≫ (京都第一会館)
  • 1995年~毎年開催 「市川コンサート」≪市川ベルクールの会≫ (市川市文化会館大ホール)
  • 1996年~毎年開催 「しますえ・よしおコンサート」≪しますえ・よしおを聴く会≫ (佐久コスモホール)
  • 1996年~毎年開催 「西国分寺コンサート」≪しますえ・よしお多摩の会≫ (いずみホール)
  • 1998年~毎年開催 「郡山コンサート」≪しますえ・よしお郡山の会≫ (郡山市民文化センター)
  • 1999年~毎年開催 「福岡コンサート」 (アクロス福岡シンフォニーホール)
  • 1999年~毎年開催 「滋賀コンサート」 (今津文化会館)
  • 1999年~毎年開催 「京都コンサート」≪京おんなの会≫
  • 2000年~毎年開催 「足利コンサート」≪しますえ・よしお足利の会≫ (足利市民プラザ文化ホール)
  • 1998年~毎年開催 「八王子コンサート」≪しますえ・よしおいちょうの会≫ (いちょうホール)
サイトマップ